--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.07 23:28|日常
七夕

「七夕」とは、短冊に願いを書いて七月七日の晩に笹の葉につるし、かの有名な織り姫と彦星に短冊に書いた願いごとを叶うようにお祈りすることです。簡単にいえば。    
 そして日本の伝統的行事である七夕は日本でこそメジャーですが、世界ではこのような星のお祭りは珍しいそうです。

また、あまり知られていませんが、日本で使われた七夕の文字は「たな」は棚、「はた」は機です。七月七日の夜に水上に棚づくりをして乙女が機を織る行事があったそうです。その乙女を棚機女(タナバタツメ)また乙棚機と言ったそうで、七月七日の夕べの行事であったために「たなばた」に「七夕」の字をあてたそうです。

七夕祭りは、平塚と仙台が有名ですが、仙台七夕の飾りは和紙で作られていて電飾がなされておらず、夜間は片付けられるのに対し、湘南平塚の飾りは吹流しがソフトビニール製などで作られ電飾がなされており、昼間とは違う雰囲気が夜も楽しめるところが異なります。

なにかと神秘的な七夕ですが、今日は、湘南の平塚市に毎年恒例で見学に来ました。

屋敷

今日7月4日は、残念ながら梅雨空でほとんど撮影ができずあまり気に入った写真が撮れませんでした。
まあ、ほとんど飾りよりも露天商の方ばかりに目が行っていたんですが...

でもこのお化け屋敷は懐かしかったので思わず写真に収めました。子供のころはこの程度でもかなり怖かった思いがありますが、この看板の絵かなり手抜きの感じがします。

おばけ

やっぱり中に入って行くのはカップルばかりです。
昔は、祭りの時いろんな見世物が来て賑わっていた気がしますね、なかでも蛇女とかすごく怖かったです。
来年は、夜の七夕祭りの紹介をぜひしたいです。



柳原社労士オフィシャルサイト
スポンサーサイト

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

柳原謙一

Author:柳原謙一
柳原社会保険労務士事務所 代表
賃金・人事コンサルタンツ 
所在地 横浜市西区中央1-37-17

趣味 旅行 写真 音楽..

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。